うっかりエンジニアのメモ

未来の自分に宛てたメモ

MacBook Pro 16インチ(2019)を73515円安く買った

ストレスは高額な買い物で発散するタイプのサラリーマンです。資本主義の犬です。

f:id:entropiajp:20200529001342p:plain

安く買えた理由

「認定整備済製品」を、「楽天リーベイツ」経由で買うと安く買えます。
今回はApple Store新品購入価格より17%引きくらいで買えました。

認定整備済製品とは

www.apple.com

何らかの事情でユーザーから返品された製品について、Appleが整備(refurbish)して新品同様にした個体が「認定整備済製品」としてApple Storeで販売されます。値段は基本的に15%引きです。Apple製品はApple Storeはもちろん、家電量販店でも大幅なセールがほぼありえないので、15%引きというのは非常にお得です。

整備済製品のコンディション

とはいえ一度人の手に渡ったのは間違いので、コンディションが気になるところではあります。
整備済製品は性能に関して新品と同等であるとAppleにより保証されているため、新品同様に購入後1年間のハードウェア保証がついています。 ですので、ディスプレイの写りがおかしくなるとか、キーボードが反応しないとか、バッテリーが膨らんできたとかの類のトラブルが1年以内に起きれば、基本的には無償修理してもらえます。

整備済製品のデメリットは2つあります。 1つ目は在庫が限られる点。MacはCTOでカスタマイズが可能ですが、整備済製品の場合、必ずしもほしいスペックの整備済製品がほしいタイミングで販売されるとは限りません。
もう一つは外装です。整備済製品のガチャ要素は 外装 、つまりキズです。

f:id:entropiajp:20200527133503j:plainf:id:entropiajp:20200529003256j:plain

開封直後に確認したところ、上記2箇所のキズがありました。コンディションは個体によるとしか言いようがないので、今回は運が良い方なのか悪い方なのかは判らず。整備済製品は新品購入時と同様、2週間以内であれば返品することができるので、どうしても気にいらない傷があった場合は返品しても良いんじゃないかと思います(そしてきっとそれがいつかまた整備品としてリリースされる)

私はこの程度ならまったく気にならないので、いい買い物だったなと思ってます。

楽天リーベイツとは

www.rebates.jp

クレカサイトとかによくあるポイントモールです。このサイトを経由して何か買うだけで、1%の楽天ポイントがゲットできます。 Apple Storeの還元率は通常1%ですが、たまたまこの時期にキャンペーンで4%に増量していたのでラッキーでした。

値引き詳細

Apple Store 新品価格 438680円
認定整備済製品の値引き -58300円
楽天リーベイツによるポイント還元 -15215円
実質価格 365165円 (73515円お得)

MacBook Pro 16インチ(2019)の感想

私は初代Touch Bar搭載モデルであるMacBook Pro 13インチ(Late 2016)からの買い替えなので、その視点でちょっと感想を書いてみます。

キーボードが素晴らしい

Late 2016の初代バタフライキーボードという失敗作を3年半使わされてからのシザー型キーボード、これは感動でした。いかにバタフライキーボードがストレスだったか改めて実感しました。Late 2016~mid 2019のMacBook Proを使っているプログラマーやライターなどのキーボードを酷使する方はこれだけでも買い換える価値があると言えるのではないでしょうか。逆T字型になった矢印キーもミスタイプ率が大幅に減りました。

スピーカーが素晴らしい

私は作曲用途でモニタースピーカーを持っているので正直ほぼ使う場面はありませんが、そうでない大多数の人にとってこれは満足できる音質だと思います。1万円くらいの外付けスピーカー相当でしょうか。

処理性能

CPU

機種 CPU コア数 動作クロック
MacBook Pro 13 inch (Late 2016) Intel Core i7(Skylake) 2 3.3GHz
MacBook Pro 16 inch (2019) Intel Core i9(Coffee Lake) 8 2.4GHz

これまで使ってきたMBP 13インチ(Late 2016)は特盛構成ですが、CPUがデュアルコアでした。そのせいか、12トラックくらいのポップス曲でもプラグインを挿していくとプレイバック時にCPU処理が間に合わずオーディオエンジンが過負荷で停止することがありましたが、これは買い替えで改善しました。さすがの8コア。あと、この数年の間にもソフトウェアのマルチコア最適化がさらに進んだのかもしれない。

ストレージ

これに関しては容量は1TB→2TBと倍になったものの、性能は体感できるほどの差はなかったです。

消費電力

USB-C PDで電力供給ができるモニタLG 32UD99-Wをつないでいます。このディスプレイのPDは60Wなのですが、十分問題なく充電できています。MacBook Proに付属する電源アダプターは96Wなのでやや不安だったのですが、杞憂でした。物凄く高負荷な処理をしたら不足かもしれませんが。

ちなみに、45W程度のGaNモバイル充電器でも充電できるという報告もあります↓ www.youtube.com 薄くて小さいので、外出時はこれ使ってみたいです。

重さ

1.37kg→2.0kgなので、重いです。片手で持つのが憚られる重さです。私の場合は年2回くらいしか外に持っていかないので、許容できました。

まとめ

これでもう機材のせいにすることはできなくなったので、音楽制作に励みたい…