マッチングアプリで彼女ができるまで【Omiai・pairs】

マッチングアプリで仲良くなった女性に先日告白して、OKの返事をもらって無事に交際をスタートしました。

マッチングアプリ、普通に出会えます。

交際に至るまでのあれこれや、マッチングアプリにまつわる雑感を書いておきます。

目次

  • きっかけ
  • スケジュール
  • 私について
  • いいね数やマッチング数など諸データ
  • アプリ比較
    • Omiai
    • pairs
  • プロフィール戦略
  • 彼女に聞いてみたこと
  • 効率良く探すために
  • 雑感
  • 活動にかかった金額
  • 最後に

きっかけ

3年半付き合った彼女と紆余曲折あり、年末に別れました。 数ヶ月して、そろそろどこかで出会いを探したい気持ちになったのですが

  • 社内恋愛は個人的ポリシーでナシ
  • 合コン苦手
  • 結婚相談所に入会するほどではない
  • 最近は趣味のバンドから離れつつあり、音楽仲間ともちょっと疎遠に

ということで、いつの間にか出会う機会がすっかり失われていました。 そんな時、会社の同期女子がTinderというマッチングアプリを使って何人かの男性と会ってる、という話を聞いて

「もしかしてマッチングアプリなら出会えるのでは…?」

という思いに至り、アプリに登録しました。

スケジュール

  • 3月下旬 pairs開始・有料会員登録(3ヶ月プラン)
  • 4月下旬 Omiai開始・有料会員登録(3ヶ月プラン)
  • 5月中旬 居酒屋で飲み(1回目)
  • 6月上旬 ランチ(2回目)
  • 6月中旬 デート(3回目) → 告白

私について

  • 28歳
  • 理系院卒
  • 正社員
  • システムエンジニア
  • 東京 or 神奈川在住
  • 身長160cm代後半、体重50kg代
  • イケメンに生まれたかった

いいね数やマッチング数など諸データ

Omiaiを主力にしてからはpairsはほとんど使わなくなってしまったので、ほぼOmiaiでのデータです。

  • いいねされた数: 148
    • いいねされた年齢層: 19歳〜36歳
    • いいねありがとうを返した数: 12
  • いいねした数: 130
    • いいねした年齢層: 23歳〜30歳
    • いいねありがとうが返ってきた数: 14
  • マッチングした数: 26人
  • 1回会った女性: 6/26人
  • 2回会った女性: 3/6人
  • 3回会った女性: 1/3人

アプリ比較

私はOmiaiとpairsを利用しました。
withを使っていた時期もありましたが、あまり相性が良くなかったので3日で辞めました。こればかりは本当に相性だと思うので、pairs/Omiai/with/ゼクシィ恋結びあたりから2,3個やってみるのが良いかと思います。

Omiai

f:id:entropiajp:20170621090741p:plain

Good

  • 女性のいいね数がインフレしにくい
    • Omiaiでは、本人の人気度などに応じて男性がいいねするために必要な消費いいね数が1,3,5,10と変わっていく
    • 人気会員は消費いいね数が多いため、男性が慎重にいいねするようになって結果的にインフレしにくい
  • 「相手が獲得しているいいね数」で検索できる
    • pairsのように大量にいいねを獲得していてどうせいいねしても無視されそうな会員をあらかじめ検索から除外できる
    • 人気そうなステータスや属性を持っているのにもかかわらずいいね数が少ない「ブルーオーシャンな女性」を見つけやすい
  • 名前のせいか、比較的女性の真剣度が高い?
    • pairsよりメッセージをきちんと返してくれる女性が多かった

Bad

  • アプリがやや不安定
    • iOSアプリで検索結果のスクロール中にアプリが落ちることがよくあった
    • サーバ自体も予告なく数十分のメンテナンスに入ることが何度かあった
  • コミュニティ機能が無いので、同じ趣味を持つ女性を検索しにくい
    • いちいちプロフィール文を確認するしかない
  • 誤いいねしやすい
    • 確認ダイアログが無く、ワンタップでいいねができるので間違えていいねしやすい
  • メッセージ付きいいねをするために課金が必要
    • pairsではログインボーナスでポイントを貯めて、そのポイントでメッセージ付きいいねができる。しかしOmiaiは無料でポイントを手に入れる方法がないので課金するしかない
    • ※まれにメンテナンスお詫びなどで無料でポイントが配布されるようです
  • Apple IDで支払いしていると 契約中のプランの有効期限が切れるまでOmiaiを退会することができない
    • 交際開始とともに交際相手と一緒にOmiaiを退会しようとしている場合は要注意
    • 自分の場合、せーので退会しようと思ったのに「あれ、退会できない…?」と微妙な空気になった😆
  • 年収の設定幅が微妙
    • 「500万〜800万」はややざっくりしている。pairsみたいに200万円刻みがいいのでは

pairs

pairs

Good

  • コミュニティがあるので趣味や嗜好でマッチングしやすい
    • コミュニティはマイナーな趣味でも割りと存在している
  • 結婚したい時期、子供がほしいかを選ぶプロフィール欄がある
    • 「2,3年で結婚したい」「いい人がいれば結婚したい」で検索してた
    • 子供欲しくない人とマッチングしたくなかったので役立った

Bad

  • 女性のいいね数がインフレしやすい
    • 単純にアクティブ男性ユーザ数が多いので、いいなと思う女性はあっという間にいいね数が数百〜4桁に到達する
    • 人気女性に対しても、1いいねの消費でいいねできるのでインフレしてしまう。Omiaiのように人気によって消費いいね数に重み付けがあるとよい
  • プレミアムオプションの利用料金が高い(月額2980円)

プロフィール戦略

  • メイン写真が超重要
    • 相手の検索結果画面には「メイン写真、年齢、居住地、職業」しか表示されない
      • しかも見るのはせいぜい1秒
    • パッと見でメイン写真をクリックしてもらえないことには、熟考したプロフを読んですらもらえない
    • 良い写真がなければ、こういうサービスで「自然な笑顔」をプロに撮ってもらうのは悪くないと思います
    • いわゆる「お見合い用の写真」は堅すぎてマッチングアプリでのウケは悪いと思います
  • プロフィールサブ画像
    • 趣味を楽しむ写真、仕事してる写真(スーツとか)、普段の服装コーデ
    • 趣味の写真はいい表情であることが多いので積極的に使う
    • 普段の服装コーデを載せるのは「デートでこの人が隣に歩いていても恥ずかしくないな」と思ってもらうため
    • 仕事してる写真はオンオフのギャップを表現するため
      • 真面目そうな表情でも良いと思うし、同僚と談笑しているような場面でも良いと思う
      • 「ちゃんと仕事してる感」が大事
  • プロフィール文章
    • あいさつ、仕事は何をしているか、オフの時何をしているか(趣味)、女性のタイプを端的に書く
    • 万人受けする文面は目指さない
      • 自分が会いたい人、自分と合いそうな人に刺さるような文面
      • 万人受けして意味があるのはイケメンだけ(というか、イケメンは「よろしく」だけでもいいねがガンガン来る)
      • 真剣な出会いを目的とする場合、自分と合わない人とマッチングしても意味がない
    • 仕事に打ち込んでいる人に悪い印象を抱く人はいない
      • 仕事人間ではないことも表現する
    • 女性のタイプがあれば明示して、合わない人とのマッチングを防ぐ
    • 最後は読んでいただきありがとうございましたで〆
    • 大抵なアプリは他の人気会員のプロフを参考に見れるので、ざっくり参考にする
  • 各設定項目
    • 身長:
      • 少なくない女性が170cm以上で検索しているので、悩ましいところ
      • 会えば一発でバレるので、正直に書くのがオススメ
    • 年収: 400万以上なら正直に記入
    • 居住形態: 一人暮らし or 実家暮らし は正直に記入
      • 実家暮らしがネガティブなのは自立心が無いor過干渉な親がいるのでは…と敬遠されがちなため
      • たとえば「半年以内に一人暮らしを始める予定です」とかプロフに書いておく

彼女に聞いてみたこと

「なんでいいねしてくれたの?」

  • 性格の欄で「穏やか、落ち着いている、誠実、聞き上手」とあるのが良かった
  • 登山の写真から「自然が好きそう」というのが伝わってきたから
  • 社交性の欄で「大人数が好き」「すぐ仲良くなる」とかパリピ要素があったらいいねしてなかった

内面をわかりやすく、正直に書くのがいいっぽいです。

効率良く探すために

  • 短期間で終わらせる
    • 就活と似ていて、長期戦になればなるほど消耗して成功率が下がる
    • 1日3件のデートを入れていたこともありました
    • 「もっといい人がいるかもしれない…」は青い鳥症候群といいます
  • 複数のアプリを並行利用する
    • 短期間で終わらせるための方法の一つ
    • 女性側は基本的には1つのアプリだけ登録している
      • プロフは流用できるので、手間を掛けずにチャンスを広げる
    • アプリによって女性の姿勢が微妙に異なり、相性がある
      • 個人的にはOmiaiはとても相性が良かった
      • pairsはやや気軽。タップルはもっとお手軽らしい
  • 選別した写真、推敲を重ねたプロフィールを用意してから登録する
    • マッチングアプリ特有の新規会員ブーストを最大限に活用する
      • おおむね登録から1週間以内だと検索結果の上位に表示されやすい
    • 登録してからのんびりプロフィールを改善するとせっかくのブースト効果を利用できない
  • 5日間メッセージの返信のない人は縁がなかったとみなして無視する
    • 相手が並行してやり取りしている男性の中で自分の優先順位が低いので

雑感

  • 女性からのいいねで始まるといつFOされるのかというプレッシャーがないので楽
    • よほどのことがない限り初回面接まではいける
    • ただし会ってからはフラットな関係になる
  • 男性の課金を促す運営側の施策がある
    • 有料会員の期限切れ間近に急にいいねが増えはじめる
      • 個人的にはサクラがいる訳ではなく、期限切れ直前に 検索結果の上の方に表示させる アルゴリズムがあるのでは
    • 3ヶ月プランや6ヶ月プランは一見お得だが、上の施策の旨味を受けられないという意味で損なので、単月プランを毎月更新が最善と思われる
    • とはいえ、複数月プランの割引率は高いのとpairsでは「平均4ヶ月で交際に発展している」とのことなので、お好みで
  • 就活と似ている部分が多い
    • 写真・プロフィール文=エントリーシート、デート=面接、告白=オファー
    • 違うのは お互いに 最後は一人を選ばなければならない(企業は大量採用できるけど)
    • 男女ともに沢山のいいねを貰う人が少数いる一方で、ほとんどいいねを貰えない人が沢山いる
    • 就活と同じノウハウが横展開できる
      • 話してみたい、と思わせる写真とプロフィール文が大事
      • お祈り(メッセージ来なくなったり、ドタキャン)されても、気にせずに次の人を探す
        • お祈りされていちいちメンタル病んでると、負のスパイラルに入り込むので要注意(就活うつ≒婚活うつ)
      • 自分はどんな女性とおつきあいしたいのかを登録前にはっきりさせておく
        • ブレると「この人は付き合えれば誰でもいいんだ」感が不思議と伝わる
        • 就活でダメな例: 各業界の大手企業だけ応募する
    • 結局、自分自身を売りこむ営業ということか
  • 各フェーズの目的
    • マッチング前: 「この人とメッセージしたら楽しいかも…」と思ってもらう
      • 「この人と会って何話すんだろ…?」と思ってしまうような人から「会いましょう」って言われても気乗りしない
    • メッセージ: 「この人と会って話したら楽しいだろうな…」と思ってもらう
      • 女性側も基本的には長期間のメッセやり取りはダルい
      • 女友達いわく「3日位やりとりしたら誘っていいんじゃない?」
    • 面接: 「この人と一緒にいると楽しいな…」と思ってもらう
    • この目的を丁寧にひとつひとつの行動に落とし込む

活動にかかった金額

23万円くらいかかりました。

内訳

  • アプリ利用料金:
    • Omiai 3ヶ月プラン(プレミアムオプションは無料): 13800円
    • pairs 3ヶ月プラン+プレミアムオプション2ヶ月: 7440円+2980円*2=13400円
  • 服飾費: 13.5万円
    • ここ最近いい感じの私服を買っていなかったため
    • 靴や時計も含む
    • 普段から揃えている人は特にかからない費用だと思います
  • デート代: 7万円
    • 1回あたりの費用は2000円〜1.2万円までまちまち

最後に

マッチングアプリでいいなと思ったのは「お互いのことを少し知った上で出会える」ところです。

彼女とはよく「なんか随分前から知り合いだった感じするよね」と言い合っているのですが、初めて会う前から相手のプロフィールを把握して、ゆっくりメッセージをやり取りして相手の趣味嗜好や価値観がちょっと分かった上でスタートする出会いって、他にはなかなかないと思います(それこそガチのお見合いくらいでは)

誰もが合コンや街コン、お見合いパーティ、ナンパなどの出会いに慣れているわけではありません。各種アンケートを見ても、また自分の肌感覚でも、マッチングアプリによる出会いが徐々に普通の出来事になってきている、まさにその只中なんだと思います。

同じような人の参考になればと思い、書きました。良いご縁がありますよう。